新しい着物の活かしかた。

祖母が着物持ちだったこともあり、母の口癖といえば「私の着物貰ってくれない?」。祖母から母へ、そして孫へ着物が受け継がれ…と聞こえはいいのですが、私の着物のイメージはやはり「面倒臭いもの」でした。着物姿で歩く女性を見かける度素敵だなあとは思うのですが、着付けの知識もない私にはやはり縁遠いもの。きちんと着付けて頂いたのなんて成人式が最後だったかもしれません。
そんな時、ママ友のお宅へお呼ばれされてアルバムを見せて貰っていた時、ふと目に留まるものがありました。それは娘さんの七五三の写真だったのですが、素敵な着物に合わせるように結われた髪の毛に可愛らしい和の髪飾りが光っています。当然レンタルの物だろうと思ったのですが、尋ねてみるとなんとそれは母親である彼女手作りのアクセサリーだとのことです。実物を見せて貰いましたが、普通のピンに二連に揺れるチェーンと、その先に可愛い着物生地で形作られた小さなお花のモチーフ。彼女も母親から譲り受け着なくなった古い着物で一つ一つ手作りしたそうです。着物の柄に合わせてモチーフの柄も変わるから、本当にオンリーワンの素敵なアクセサリーですし、娘さんの心にもきっと一生残るとっておきのプレゼントですよね。
近頃は着なくなった古い着物を再利用して新しい洋服に活かしたり、ちょっとした小物を作ったり…そういった作品を普通に街中の着物店でも見ることが出来ます。Tシャツやスカーフ、小物入れ…凝ったものではコートの裏地に使われたりしていて、とても粋でお洒落ですよね。せっかくの着物にハサミを入れるなんて、と敬遠する人もいらっしゃるかもしれません。しかしせっかくの着物だからこそ、たんすの肥やしにするのではなく新しい命を与えてあげることも私達日本人が大切にする「勿体ない」の心、エコの精神ではないでしょうか。これからの時代にもっと相応しい新しい着物の着方が広がれば、本当に素敵なことだと思うのです。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物

自分に合った着物の選択

自分に合っている着物を選択することは、重要なこととして認識されているのではないかと考えられています。特に初めて着物を購入する場合は、デザインや大きさなど、複数の側面で自分に適したものを選んで行くことが希求されています。現在では着物を専門的にプロデュースする会社が数多く見受けられるようになり始めており、適切な着物のコーディネートが容易にできるようになっているのではないかと思います。若年層の人にとっては、特にこうした的確な着物を選択していくことや、新たに着物を作っていくことが大事なことであるとされているため、良い傾向のひとつとして考えられています。
自分に適している着物を購入することによって、長い期間着続けられる可能性が著しく高まるのではないでしょうか。そのため、このような認識が年代を問わず強くなってきているとみられており、着物を買う際の最も重要なポイントとして捉えられてきています。適切なデザインやサイズの着物を手掛けるプロセスには、専門的なコーディネーターが携わることが大半であるとみられているため、着る人とマッチしたものが出来上がる可能性は高いと考えられています。これからも、適切な着物を作ることが更に重視されるとみられています。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物

着物が不要なら売る方が良いですよ

先日、母が亡くなったのを機に実家を整理のために尋ねました。
父はまだ存命なのですが、足腰が弱くなったために私が整理するということになったのです。
また母も女性ですから、父には見られたくなものもあるかもしれないという配慮の方が大きかったかもしれませんが。
さて、母の持ち物はハッキリ言ってしまえばガラクタの類が多かったです。
裁縫道具や生地などがありましたが、そういったことをやらない私にとっては使わない物ばかり。
そんな中でも異彩を放っていたのが着物です。
昔からタンスの中にあるのは知っていましたが、私が成人式の時と結婚式の時しか使用しなかったので、一体母がどれくらいの着物を所有しているのか把握していませんでした。
そしていざタンスを開けて数を数えてみると、何と着物と振袖で30着もあったのです。
父に相談しましたが明確な回答はなく、捨てるわけにもいかないし、かと言って私は息子しかおりませんし姪もいません。
孫娘が出来るまでにはまだまだ待たなくてはならないでしょう。
そういうことから近所の人たちに相談すると、いらないなら売ればいいということを言われたのです。
ただ怪しい業者も多いらしく、訪問される際には気を付けた方が良いと念を押されました。
そこで私は自分から業者へ持ち込んで着物売ることにしたのです。
業者の方は手慣れた感じで着物や振り袖を査定してくれました。
結果、生地は良いけどデザインが流行りではないということでかなり安い価格を提示されましたが、家にあっても困るので売却しました。
大した金額にはなりませんでしたが、業者の方によると着物をもう一回生地に戻して再利用するということでしたので、そちらの方が着物も喜んでくれるのではないかなと思っています。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物

着物の歴史と着物の意味の変化

着物をあまり見かけなくなった近年では、さらに華やかさに磨きがかかり特別的な印象をお持ちになられるのではないでしょうか。例えば卒業式、成人式、結婚式といった場面で着物を着ることが決まってきているかもしれませんが、着物にも種類が存在することをご存知でしょうか?
着物中でも振袖がありますが、この振袖の歴史には江戸時代が始まりだと伝えられています。18歳になれば服の袂を切り落とし、縫い付けて留袖にするといった風習がされていたようです。
また時代が流れると帯の幅が広くなり、留袖も帯に変わり始めてからお洒落を楽しむ振袖となっていったようです。厳格な着物もこうして自由な存在となり、お洒落着として着られるようになりましたが、今の時代で例えるのならカジュアルな印象が当てはまるかもしれません。歴史の流れを見てみると、着物の袖が長くなり、そして振袖は未婚者、留袖は既婚者とされていた意味も、かなり遠のいてしまい、長いのが振袖、短いのが留袖と呼ばれるようになっているようです。
ちなみに何故着物が成人式に着られるのか?始まりはやはり江戸時代で、未婚女性の正装として着られていました。成人式では身を清める意味もあり、これから大人になり歩む心構えとして励まし着させる習わしがあったようです。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物

格調高いレストランには着物を着て行った子供時代

記念日には必ず着物を着ていた家族でした。家の家族は母親も祖母も、みな誕生日や結婚記念日などには着物を着ました。いつもよりもおすましをしています。化粧もして、何だか気品のあるどこかの若奥様になったようです。

いつもは忙しいから自分を構う機会もないけど、着物を着た時には髪型もピシッとし、化粧もばっちりとするのがとっても素敵です。いつもよりも格段に素敵になる祖母や母を見て、「立派だな」と思ったものです。

着物というものは実に人を格調高く見せるなと思います。気品と伝統を表現しているのです。本当に着物は人を美しく見せます。顔もパッと明るくし、歩き方もお上品になります。

何よりも心が穏やかになるのです。人に対して穏やかになるから、イライラとすることがありません。ソフトに対応できるようになり、人に好かれる人になることができるのです。

着物を着た祖母と母、それに私は、食事に出かける時にも着物を着て行くこともありました。ちょっとした高級レストランには、そういった着物を着て行くのです。すると、食事もとても美味しく感じるのです。気分的にとても楽しくなり、ますます嬉しい気持ちで食事ができるのが楽しいところです。

とっても記念になる日でした。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物

おしゃれで大胆で奇抜な柄がブラックな着物に合う

着物には、色のコントラストを考えてコーディネートするのが1番だと感じます。黒と白のストライプの着物には、ちりめん帯揚げや三分紐が実に合います。

ブラックカラーの着物なら、ヒョウ柄や70年代のサイケ柄の大胆な帯がとても映えるのです。現代のアートとレトロなファッションとの融合が見事に合い混じり、よりおしゃれな着物にするのです。渋谷や新宿の夜の街にとても合いそうです。

そんなおしゃれな帯には、これまたおしゃれな帯留めがとても合います。今では、丈夫な水牛の角でできた光沢の美しい猫の形をした帯締めから、独特な艶のある黒蝶貝でできた動物の形をした帯締め、イタリアのモード感が素敵なストライプの帯留めなどがあります。

こういった帯締めを上手く活用し、無地で淡い色合いの帯でも個性的にできるのが良いところなのです。

着物も着ると衿元が汚れます。そんな時には、半衿を着物の衿部分の内側に入れるといいのです。入れれば、その部分だけ取り外しては洗濯機で簡単に洗うことができます。

柄も今ではおしゃれになっていて、チェック柄やストライプ柄などがあります。それをさりげなく着物の衿部分に入れれば、おしゃれに汚れを防ぐことができて便利です。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物

若者が着物を着る目的

若者が着物を着る時は年中行事などでめでたいイベントに参加する時が多く、購入すると高いため必要な時に限り使えるようにレンタルをすると役立ちます。若者はカジュアルな服装を選ぶ傾向が強いですが、気分を一新するために花火大会などに着物を着ていくことが多いです。
一時的にレンタルをする時は種類に応じて違うため内容を比較し、使う期間や返却方法を確かめて今後の計画を立てると役に立ちます。着物はイメージチェンジをするために使うと効果的で、昔ながらの雰囲気を体感できるため種類ごとの特徴を確かめて選ぶと個性を出せます。
若者はファッションとして着物を着ることが多く、夏場の季節を中心に花火大会やお祭りなどに参加するためにレンタルすると便利です。ファッションとして着物を着る時はレンタルショップで様々な種類の特徴を比較し、好みの種類や人気のブランドなどを知るきっかけにすると興味や関心を示せます。
若者が着物を着る目的はイメージを変えることやファッションとして使うことが多く、他では見られない個性的な種類を探すと効果的です。着物は普段とは異なった独特な気分を味わえるため、興味があるデザインなどを探して試着するなど様々な目的で有意義に使えます。

コメントは受け付けていません。

Posted in 着物